お部屋を借りるには色々とお金がかかる

大学受験に合格して春になると、新生活が始まります。これを機に一人暮らしをする方も多いでしょう。一人暮らしをするためには、お部屋を借りないといけません。お部屋を借りる場合、家賃だけでなく、それ以外にも様々な費用が発生します。直前になってお金が足りないなんてことにならないよう、どのような費用が発生するのか把握しておきましょう。

部屋を借りる際にかかる初期費用の主な内訳

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 保険料
  • 引越し費用

お部屋探しは何かと心配

親元を離れるわけですので、お部屋探しで不安になるのは当たり前のことです。そんな方のために、疑問に思いがちのことをピックアップしてみました。不安は早めに払拭したほうがいいので、是非参考にしてみてください。

賃貸物件探しに関するQ&A

間取り

どれくらいの家賃のお部屋を探したらいいか分かりません

大学生の一人暮らしとなると、親からの仕送りやアルバイトで生計を立てると思います。この確実に手に入る収入額を基にして考えると良いでしょう。そして、その収入額の20%から30%以下の家賃であれば、無理なく生活ができると思います。

家賃が安いお部屋の探し方のコツはありますか?

最寄り駅から遠かったり、築年数が古かったりすると、家賃が安い傾向にあります。交通の便や築年数にこだわりがなければ、そのような賃貸物件も検討してはいかがでしょうか。

大学合格前ですがお部屋の予約はできますか?

管理会社や大家さんから了承をいただければ、仮押さえは可能です。なお、管理会社や大家さんによっては、仮押さえができない場合がありますので、前もって確認をしておきましょう。

大学生になって快適な暮らしをしたければお部屋探しは入念に

女性

学生向けのお部屋を探すなら専用サイトを活用

一昔前は雑誌などで物件情報を見るのが一般的でしたが、現代ではインターネットから検索するのが基本です。物件情報を閲覧できるサイトはたくさんありますが、学生向けのマンション情報やアパート情報が閲覧できる専用サイトがありますので、それを活用すれば効率よくお部屋探しができますよ。

インテリア

周辺環境のチェックは徹底的にやろう

周辺の環境によって快適な生活が送れるかどうかが左右されます。学生生活をおくるうえで、コンビニやスーパー、アルバイト先など、利用頻度の高い施設と程よい距離であるかどうかチェックしましょう。また、「駅から近いから借りたのに人通りが多いから騒がしい」などといった問題に直面することはよくあるケースです。そのため、時間帯を変えてチェックするのも大切ですよ。

ソファー

内覧時は手ぶらで行ってはダメ

一人暮らしするとなると、家電や家具を設置する必要があります。そのため、それらを設置できるだけのスペースを確保しなければいけません。お部屋の内覧時には、スペースを測るためのメジャーを持参しましょう。また、後でどのような部屋だったのか確認するためにカメラ撮影ができるものも持参してください。